marupei.net photography

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone ホルスター

2009/10/25 Sun [Edit]

iPhone ホルダー

iPhoneを手にする前から保護ケースに入れるべきかどうかをずっと考えていた。しかしこの完成されたデザインをカバーで覆ってしまうのはもったいない。ましてや保護ケースに入れて使うことを前提にジョナサン・アイブはデザインしていないだろう。と色々と考えた末、少々のキズは気にせず裸のまま使うことにした。

iPhone ホルダー

ただ、普段スーツ姿で持ち歩くには、ワイシャツの胸ポケットに入れることになる。以前のau携帯でも下を向いた拍子に滑り落としてしまったという経験が何度もあるので、表面がつるつるのiPhoneではなおさら心配だ。

そこで、外観を損なわず滑り止め効果が得られる素材はないものかと探し回ったところ、条件を満たしてくれそうな特殊透明フィルムを見つけた。

早速サンプルを取り寄せ iPhone の背面に貼り付けた状態で、約3ヶ月ほど使ってみた。メーカーの希望でここでは素性を公開できないのだが、確かに滑り止め効果は抜群で、車のダッシュボー ドに置いたまま街中を走行しても全く動かない。また、ワイシャツのポケットに入れた場合も滑り落ちることはなく、厚み0.1mmという極薄フィルム故に iPhoneを握った際の出っ張り感も全くない。さらにグリップ感も良くなるという予想外のおまけ付きで優れものだった。

しかしこのフィルム、元々このような使用目的で開発されたものではなく、接着剤はそれなりに強力なものの伸縮性が全くないため1月もすると端部から剥がれ てきてしまった。その度に新しいフィルムに張り直さなければならないという問題があり、曲面の多いiPhone用としては不向きであるという結論に至った。


滑り止めには期待できないとなると、ワイシャツのポケットに入れて持ち歩くのは不安。それに胸ポケットがだらしなく垂れ下がる様は結構みっともないということも気になっていた。そこで今度は、腰に付けるタイプのベルトクリップ式ケースを探してみることにした。

3G発売当初に比べ、今ではたくさんのケースが販売されている。しかし実際に探してみると、一般携帯電話用のベルトクリップ式ケースはいくらでもあるの に、iPhone用はほとんど見つからない。これは、キズや衝撃から守ることを目的とした保護カバー的ケースの需要が多いということで、言い換えれば裸で iPhoneを使う人は、とても少ないということなのだろう。

このような市場を見ると、サードパーティー製カバーによる着せ替え需要もAppleによる販売戦略の一部なのではないか?そのためのシンプルデザインなの か?と考えたくなる。確かにそれぞれの趣味思考やTPOに合わせて外観を一新できる”着せ替え”というスタイルは、魅力的な機能の一つに思える。「脱いだ ら凄い」というボディを持ちながら、それを覆い隠すように自分好みの服を着せることで、iPhone所有欲が満たされる。しかもその服は、Apple自ら 用意せずとも自然発生的に増殖し、同時にサードパーティーも潤う。なんとすばらしいマーケティング戦略!たった1機種のためにこれだけ多くのカバーやケー スが販売されているということにも驚きだ。


iPhone ホルダー

話がそれてしまったが、少ないながらもベルトクリップ式のケースをいくつか見つけた。その中でも気になった、トリニティが 販売するSimplism Leather Collection Holster Style for iPhone 3G(ホルスタースタイル・フォー・アイフォン)という長ったらしい名前の製品を買ってみた。

iPhone ホルダー

ほとんどのケースがiPhone全体を包み込むタイプなのに対し、この製品はiPhone本体の大部分がむき出しになるというちょっと変わりモノ。キズが付くのが怖いという人にとってはおそらくあり得ない製品だろう。

iPhone ホルダー

こんなんで落ちないのか?と初めは不安に思ったが、実際に取り付けてみると、ポリウレタンレザーで覆われた板金による絶妙なテンションで、かなりしっかりとiPhoneを保持してくれる。

iPhone ホルダー

そのホルダーに差し込むアクションから、ケースではなくホルスターというネーミングもうなずける。クリップ部分にも板金が入っており、こちらもベルトに止 めた時、簡単に外れてしまうような不安はなかった。ホルスターにセットした状態でもスイッチ類やカメラのレンズを邪魔するものは無く、そのままドックコネ クターを差し込めるというのもイイ。

とりあえず、他に気になる製品は見つからなかったので、しばらくこれを使ってみようと思う。


関連記事
Prev
Canadian Springs Water Company Japan Ltd. Web Site
Top
marupei.net photography
Next
壁紙 #018

Comments

 
 
 
 
 
 
 
  非公開コメント
 

Track Backs

TB URL 

Top
marupei.net photography

Profile

まる彦

Author:まる彦
一人息子と幸せに満ちあふれた家族の記録(のつもり)

Canon EOS 5D Mark II
Canon EOS 30D
MacBook Pro 13" Mid2009
MacBook Pro 17" Late2008
iPhone3GS
iPad

Blog : marupei.net technology

fotologue : Rosetta
mail : maruhiko(at)gmail.com

Category

Copyright

当サイトに掲載されている画像は Creative Commons License の下でライセンスされており、無断使用は固くお断りしています。 画像の使用をご希望の場合は下のメールアドレス宛にお問い合わせください。

The total or partial reproduction of text, photographs and illustrations is not permitted in any form. Copyright © marupei.net Some Rights Reserved.

maruhiko(at)gmail.com

Creative Commons License

Translation

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


Entry

Recent Comments

Link

Amazon

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。