marupei.net photography

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁紙 #011

2009/02/23 Mon [Edit]

wp010_1920x1200

「#11 レンズ選びのポイント 前編]」用に撮影したバラのクローズアップを壁紙にしてみました。

パソコン画面の大きさに合わせてお好きなサイズをクリックし、別ウィンドーで表示された画像をダウンロードしてお使いください。

過去の壁紙はこちら

Resolutions:
1024x768 1280x800 1280x1024 1440x900 1680x1050 1920x1200

気に入っていただけたら拍手いただけると嬉しいです。

スポンサーサイト

公園日和

2009/02/22 Sun [Edit]

公園日和
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF24-105mm F4L IS USM


On stage
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF24-105mm F4L IS USM


Can't take my eyes off you.
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF24-105mm F4L IS USM

少しずつ暖かく。

> fotologue/rosetta <

想像力と創造力

2009/02/21 Sat [Edit]



人間の想像力はどこまで進化するのだろう...
「4F」

人はいったいどこまでクリエイティブになれるのだろう...
「LightsAndShadows」

そんなことを感じさせるwowのPVに衝撃を覚えた。
「under.h264」

花粉

2009/02/19 Thu [Edit]

目薬
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

いよいよ飛び始めました。辛い時期です。
で、ここはどこかというと・・・


Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

カレー&ハンバーグなレストランだったり。

好感度良い高感度

2009/02/17 Tue [Edit]

taka
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF24-105mm F4L IS USM

かわいい甥っ子のtakaで 5D2のISO3200 を試す。

常用レベルじゃん、 スゲ~!

ISO25600(2万5千6百!)まで上げられる5D2、スナップでストロボ使う機会はなくなるなこりゃ。

ちょっと、ちょっと、チョット

2009/02/16 Mon [Edit]

ちょっと、ちょっと、チョット
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

朝から何か?

#11 レンズ選びのポイント 前編

2009/02/15 Sun [Edit]

LENS
Canon EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM

 狭い家の中で撮ることがほとんどなのに望遠レンズは不向きです。また、運動会で走る子供をマクロレンズで追いかけるのも無理があります。レンズはそれぞれのシーンに合ったタイプを選ぶことが大切。今回はそんなレンズ選びのポイントについてお話ししてみたいと思います。

レンズ交換が必要なわけ

 撮りたいイメージに合わせて最適なレンズに付け替えられる。これがコンデジにはないデジイチのアドバンテージです。レンズを交換することで別のカメラを手に入れたと錯覚するほど全く違ったイメージを撮影することができます。例えば下のようなクローズアップ写真を撮りたいと思っても、

60mmマクロ
Canon EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM

標準ズームレンズ1本しか持っていなかったとしたら、目一杯寄ったとしてもおそらく下の写真くらいが限界でしょう。

24-105mmズーム
Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM

上のクローズアップ写真は60mmマクロレンズを使っています。下の写真は24-105mmの望遠側でピントが合うギリギリまで近寄って撮影しています。(手持ちがこれしかないので・・・^_^;) この2種類のレンズは何が違うのでしょうか?1つはピント合わせが可能な最短距離の違い。2つ目は拡大率の違いです。このようにレンズにはそれぞれ目的にあった特性があります。なぜデジイチはボディとレンズに分離できるのか?そのへんを考えてみると1本だけで済ませてしまうというのはちょっともったいない気がします。

初めてのレンズ選び

 誰でも最初に買うレンズは悩みます。というかさっぱり分からないという人もいるでしょう。こんな時一番簡単なのは「レンズキット」を選ぶこと。レンズキットには一般的に使用頻度の多い焦点距離のズームレンズがセットされた状態で販売されています。望遠レンズとセットになった「ダブルズームキット」を選べば、マクロを除いた一般撮影でまず困ることはないでしょう。・・・

と、簡単に終わらせてしまってはこのコラムでお話しする意味がありませんね。少しでも上達したいと思われている人のためのコラムですから、ボクなりのレンズ選びのポイントについてお話ししてみたいと思います。しつこいようですが、これじゃなきゃいけないという訳ではないので、あくまで参考程度にお聞きください。

メインレンズを考える

 初めて買うレンズは当然出番の多いメインとなるレンズを選びたいですよね。特定の被写体しか撮らない。という場合を除いて、とりあえずなんでも無難に撮影できる「標準ズーム」がやっぱりお勧めです。一般的に使用頻度の高い焦点距離は28-105mm前後ではないかと思います。これをAPS-Cに置き換えると、17.5-65.6mmになります。このことからAPS-Cのデジイチの場合、17-70mm前後のズームレンズをメインレンズとして考えるといいかもしれません。

高倍率ズームってほんとに便利?

 超広角から超望遠まで1本で幅広くカバーできるズームレンズのことを「高倍率ズームレンズ」と呼んでいます。多くの人は、この高倍率ズームレンズを使えば1本で事足りるし便利♪と思っているのではないでしょうか。確かにその通り、何本も交換レンズを持って歩くのはすごく大変ですよね。ですが、「高倍率になるほど、その構造上の問題から総合的な写りに対するクオリティは失われていく。」ということはご存じですか?最近では焦点距離が18mmの広角から270mmの望遠まで1本でこなせる、なんと15倍(270mm÷18mm=15倍)にもなる超高倍率レンズが発売されるようになりました。高倍率レンズは、旅行の時など荷物にならずとても便利なのですが、広角側と望遠側で極端にレンズの長さを変える必要があるためその構造や光学設計に無理が生じ、撮影像に歪みや色収差と呼ばれる色滲みが出やすくなったり、暗いレンズになってしまいがちです。このことから、できるだけレンズの構造や光学設計に負担の少ない低倍率のズームレンズを選ぶと良いでしょう。ボクは5倍を超えないズームレンズというのを一つの目安にしています。

できるだけ明るいレンズを選ぶ

 レンズが明るいとどんなメリットがあるでしょう?「早いシャッタースピードを使えるから手振れ防止になる。」と思われたあなた、正解です! でも、この他にもいくつか利点があります。一眼レフでは、レンズを通った光をファインダーから直接見ていることになり、レンズの明るさ(絞り開放値)によってはファインダーの明るさも変わってきます。つまり、レンズの明るさは写りに影響するだけでなくファインダーの視認性にも影響するということです。薄暗い場所などでは特に、暗いレンズ(絞り開放値F5.6以上など)を使うとピントが合っているのかどうか確認しにくい場合もあります。下のイメージは、絞り開放値F2.8のレンズを付けた状態でファインダーを覗いた場合(左)と、F5.6の絞り開放値であるレンズを使った場合(右)の見え方の違いを画像処理ソフトを使って擬似的に作り出したものです。

ファインダー明るさ比較

このように明るいレンズは視認性も良く、ファインダーを覗いていても気持ちの良いものです。また、明るいレンズを使うとピントの合う範囲が狭くなり、主役を強調しつつ柔らかい印象の写真を撮りやすくなります。

デジタル"対応"レンズか、デジタル"専用"レンズか

 前回の「#10 APS-Cとデジタル専用レンズ」でも少し触れましたが、フルサイズとAPS-Cの両方に使えるレンズを「デジタル"対応"レンズ」、APS-Cでしか使えないレンズを「デジタル"専用"レンズ」と呼んでいます。APS-Cでの使用に限定されるなら軽くてコンパクト、しかも手振れ補正機能付きの最新デジタル"専用" レンズがお勧めです。逆に、近い将来もう少しいいカメラに買い換えたいと思っているのであれば、ミドルクラスのフルサイズ移行を見据えてデジタル"対応"レンズを選んでおいた方が無難でしょう。

近くに寄れるほど用途は広がる

 そのレンズでピント合わせが可能な最短(最も被写体に近づける)距離のことを「最短撮影距離」と言います。レンズカタログでは「撮影距離範囲:0.35m~∞」などと表記されていることもありますが、この場合の最短撮影距離は35cm離れた場所から無限遠までピント合わせが可能ということになります。また、この数値はレンズの先端からの距離ではなく、イメージセンサー面からの距離を示しています。ほとんどのデジイチにはボディ上部にイメージセンサーの位置を示す下の写真のようなマークが印刷されているので自分のカメラを確認してみましょう。

イメージセンサー位置表示

ちなみにレンズ先端からの最短撮影距離のことを「ワーキングディスタンス」と言い、あまり近くまで寄りすぎると逃げてしまうような昆虫などを撮影する場合は、このワーキングディスタンスが長い方が使いやすいと言われています。

カタログに掲載された最短撮影距離で注意しなければならないのは、ズームレンズの中には広角側と望遠側で最短撮影距離が同じとは限らないということ。最短撮影距離:0.3mと記載されていても、広角側では30cmまで寄れるのに、望遠側では60cmまでしか寄れないというレンズもあるので注意してください。

同じ焦点距離を持つレンズでも最短撮影距離が違う場合があり、当然、最短撮影距離が短いほど近くに寄って撮影できるので利用範囲が広がります。このことから近くのモノを撮影することが多い場合には、より最短撮影距離が短いレンズを選ぶというのも一つの選択要素になるでしょう。

マクロレンズは最短撮影距離の非常に短いレンズですが、このレンズについてはまた別の機会に詳しくお話ししたいと思います。

次回「レンズ選びのポイント 後編」に続く...


デジカメ術 過去のエントリー


Canon EOS 5D Mark II

2009/02/14 Sat [Edit]

Canon EOS 5D Mark II
Canon EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM

まったく凄すぎて使い切れないぜ。あー、早くバッテリーグリップが欲しい・・・

光ってる

2009/02/11 Wed [Edit]

鼻にフォーカスロックオン!
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

鼻にフォーカスロックオン!

1月中の毎日更新目標を達成したので、すっかり脱力なオレです。。。

珍しくテレビ待ち

2009/02/08 Sun [Edit]

Mac
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

現在午前7時6分。TBSの「がっちりマンデー!!」で、アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏を取り上げるとの情報を聞きつけたので、テレビ前に正座してスタンバイ。と、思ったらまる平が起きてきた。「今日は7時半からパパがテレビ見るからね!」と、大人げなく釘を刺す。我が家に録画できるハードウェアはないのだ・・・

ヘアサロン

2009/02/07 Sat [Edit]


Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

まる平と二人で久々髪切りに行きました。このヘアサロンにはまる平が幼稚園に入る前からお世話になっています。住む場所が変わっても行きつけのお店って変えられないんですよね。昔はヨメの膝に乗せたままカットしてもらっていたっけか。


Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

周りをキョロキョロと見回し相変わらず落ち着きのないまる平。


Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

切りにくそうで申し訳ないです。


Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

自分の毛玉を作って遊ぶのはやめましょう。

店長さん、いつもありがとうございます。
そしてこれからもよろしくお願いしますね。

矯正始まります

2009/02/05 Thu [Edit]

あほづら
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

なかなか生え替わらなかった前歯がようやく生えてきました。乳歯の時はあんなに歯並び良かったのになぁ。

「ぽっくぽ~ん」プレゼント結果発表!!

2009/02/01 Sun [Edit]

「ぽっくぽ~ん」プレゼント!
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

お待たせしました!
「ぽっくぽ~ん」プレゼント結果発表です。

応募してくれた5名様
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

それでは早速、今回ご応募頂いた5名様の中からご当選された3名様を・・・

鉛筆立てに入れて
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

と、思ったのですが、いざ抽選を行う断になって残った2名様が落選してしまうのは忍びないと、結局全員の方にプレゼントすることにしちゃいました。

まる平がくじを引きました
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

で、フリーチケット付きは1冊だけなので、この中からお1人だけ抽選させていただくことに。

フリーチケット付きをゲットしたのは「risteyさん」でした!!
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM

まる平のくじ引きによってみごと選ばれたのは「risteyさん」!!
おめでとうございます!

今回ご応募頂いた皆様にはメールにてご連絡差し上げましたので、ご郵送先の返信よろしくお願いします。それでは楽しみお待ちください♪

Top
marupei.net photography

Profile

まる彦

Author:まる彦
一人息子と幸せに満ちあふれた家族の記録(のつもり)

Canon EOS 5D Mark II
Canon EOS 30D
MacBook Pro 13" Mid2009
MacBook Pro 17" Late2008
iPhone3GS
iPad

Blog : marupei.net technology

fotologue : Rosetta
mail : maruhiko(at)gmail.com

Category

Copyright

当サイトに掲載されている画像は Creative Commons License の下でライセンスされており、無断使用は固くお断りしています。 画像の使用をご希望の場合は下のメールアドレス宛にお問い合わせください。

The total or partial reproduction of text, photographs and illustrations is not permitted in any form. Copyright © marupei.net Some Rights Reserved.

maruhiko(at)gmail.com

Creative Commons License

Translation

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2009年02月 | 03月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28


Entry

Recent Comments

Link

Amazon

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。