marupei.net photography

スポンサーサイト

--/--/-- -- [Edit]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#10 APS-Cとデジタル専用レンズ

2009/01/31 Sat [Edit]

Canon EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

 デジタル一眼レフカメラに使える交換レンズには大きく分けて2種類あります。今回はボディーに搭載されたイメージセンサー(影像素子)の種類によって分けられるその違いと関係についてお話してみたいと思います。

35mmフルサイズとAPS-C

 デジタルカメラ本体の部品で最も重要となるのが、「イメージセンサー」です。イメージセンサーとは旧来のフィルムカメラに使われていたフィルムに変わる電子部品のことで、「CCD(シー・シー・ディー)」や「CMOS(シーモス)」などと呼ばれることもあります。このイメージセンサーがレンズを通して受け止めた光を画像に変換する重要な役割を担います。そしてデジタルカメラの画像再現性能はこのイメージセンサーによって左右され、サイズが大きいほど光を受ける面積が大きく多くの情報を取り入れることができます。

 イメージセンサーを比較する基準となるのが、フィルム式一眼レフカメラ用として普及してきた35mmフィルムサイズと同じ露光面を持つ24mm×36mmのイメージセンサーサイズで、これを「フルサイズ」と呼んでいます。しかし、フルサイズのイメージセンサーは量産する上でコストがかかりすぎるなど、その生産性の難しさから現在はプロやハイアマチュア向けの高級機種にしか採用されていません。

これに対しコンシューマ向けの普及機には、フルサイズより約40%ほど小さい「APS-C」と呼ばれるイメージセンサーが主流になっています。(下の表参照)

APS-C サイズのデジイチ
フルサイズのデジイチ
Canon EOS Kiss X2Canon EOS 5D Mark II
Canon EOS 40DCanon EOS-1Ds Mark III
Canon EOS 50DNikon D700
Nikon D90Nikon D3
Nikon D300SONY α900


 下の図は代表的なイメージセンサーを並べてみたものです。一番下のイメージセンサーは、昨年発売されたコンパクトデジカメに最も多く採用されている 1/2.33型イメージセンサーです。フルサイズと比較すると、いかに小さいかが分かって頂けると思います。また、APS-Cとフルサイズの違いにも注目してください。

イメージセンサーサイズ比較

 APS-Cサイズのイメージセンサーを採用するにあたって新たな問題も出てきました。特に広角レンズでは、旧来のレンズ設計のままAPS-Cのイメージセンサーに最適化しようとすると、その工学的な違いや物理的な構造の障害から、巨大なレンズになってしまいます。そこで、APS-C専用に再設計したのが「デジタル専用レンズ」です。メーカーによって呼び名は微妙に異なりますが、APS-Cにしか使えないレンズという意味では同じです。Canonでは「EF-S」、Nikonでは「DX」と表記されています。オリンパスやパナソニックが採用している4/3型イメージセンサーを使ったフォーザーズシステムという規格もありますが、このコラムでは最も普及率の高いAPS-Cを対象に話しを進めます。

 それではAPS-Cとフルサイズでの写りの違いについて見てみましょう。同じレンズ、同じ被写体を撮影したと仮定して、フルサイズとAPS-Cサイズを比較すると下の図のようになります。

APS-Cとフルサイズの大きさ比較

ご覧の通りAPS-Cはフルサイズより小さいため、その周辺部分は受光しないことになり、これを同じサイズのプリント紙一杯に収まるよう印刷した場合、APS-Cのほうが約1.6倍拡大されることになります。(APS-Cのセンサーサイズにはメーカーや機種により多少の違いがありるため倍率に差がありますが、このコラムではCanon製を基準とした1.6倍として説明していきます)

APS-Cとフルサイズ プリントサイズ比較

カタログに記載されている焦点距離はフルサイズが基本なので、APS-Cではその理論的な焦点距離をフルサイズに置き換えたい場合1.6倍する必要があります。これを「35mm判換算」「フルサイズ換算」などと呼び、各社のレンズカタログには、APS-Cで使用した場合の焦点距離も併せて記載されているので参考にすると良いでしょう。

35mm判の焦点距離 APS-C装着時の焦点距離
30mm48mm
50mm80mm
100mm160mm
200mm320mm
300mm480mm


212レンズは資産

 レンズ交換式一眼レフカメラのレンズとボディの接合部分を「マウント」と呼んでいます。CanonやNikonのデジイチでは、このマウント部分の形状をフィルム時代のカメラと共通化させることで、旧来の35mmフィルム一眼レフカメラに使ってきたレンズをAPS- Cを採用したデジイチにそのまま使えるよう設計されています。しかしデジタル専用として開発されたレンズは、フルサイズのデジイチや35mmフィルムカメラでは使うことができません。昔使っていた35mmフィルム一眼レフでも使いたいとか、近い将来フルサイズのデジイチにスイッチしたいと思っている方は注意しましょう。

 今後もイメージセンサーサイズはフルサイズとAPS-C(フォーサーズ含む)の2極化で進化していくと思われます。そして、女性や初心者向けのエントリーカメラには引き続きAPS-Cが採用され、ハイアマチュアやプロ向けのデジイチにはフルサイズが主流になっていくでしょう。レンズはボディーが替わっても使い続けることができる一種の資産です。近い将来「上達したらもう少し良いカメラが欲しいんだよなぁ。」と考えている人は、フルサイズ対応のレンズを選ばれた方が結果的に長く使えることになると思います。軽量・コンパクトと、携帯性を重視する人はデジタル専用レンズを選ばれた方が少ない投資で写りの良いレンズが揃えられると思います。

212フルサイズのメリット・デメリット
  • ボケ味の効果がAPS-Cに比べ豊かに表現することができます。
  • イメージセンサーの受光面積がAPS-Cに比べ約2.5倍大きいので引き延ばしや高感度に有利になります。
  • 広角レンズでは特にレンズ効果による物理的な特性で、外周ほど暗くなる「周辺減光」という現象が見られるようになります。この現象をデジタル処理で取り除くことができるソフトウェアまで存在しますが、これをレンズの味として捉えるボクのような人も少なくありません。
212APS-Cののメリット・デメリット
  • コンパクトで軽量なレンズを選択できます。
  • 新しくデジタルカメラ専用に開発されているので、フルサイズ対応の旧製品に比べデジイチに最適化されたレンズが選べます。
  • フルサイズに比べ同じレンズを使っても焦点距離が長く取れるので、望遠側が有利になります。これにより、比較的安価なレンズや望遠レンズの中でもコンパクトな物が選べます。
  • フルサイズ用のレンズを使った場合、周辺部分は切り取られてしまうため、隅々まで有効に利用できないことになります。反面、周辺減光部分が切り取られるため、レンズのおいしい部分のみを有効に使えるともいえます。
  • フルサイズ換算で1.6倍されるため、広角側が不利になります。


デジカメ術 過去のエントリー
スポンサーサイト

フルサイズ

2009/01/30 Fri [Edit]

カワイイ!
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM


このボケ味がたまらん!

さて、「ぽっくぽ~ん」プレゼントは明日で締め切りで~す。ありがたいことにご応募3名以上となりましたので抽選となります。ご応募頂いている方へのお返事できていませんが、ちゃんとエントリー受け取りましたのでご安心ください。正直、今のところ当選確率高いですよん♪

ヤリガイクン

2009/01/29 Thu [Edit]

ヤリガイクン
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


とある企業のHP向けフォトサンプルにと、ブロッコリーとカリフラワーの交配種である"ヤリガイクン"を撮ってみました。元々カメラの設定をグリーンの色域が狭いsRGBを使っているせいか、モニターで見る緑の発色が気に入らなかったので、Lightroom2の新機能「補正ブラシ」を使って遊んでみた。う~ん、このグロさがなんとも表現しがたい・・・ それにしてもマクロな目で見れば見るほど不思議な花です。どこまで拡大しても同じに見えるマンデルブロー集合のような。撮影しながら少しずつ解体し、最後はシチューに入れて美味しく頂きました。

ヤリガイクン
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


スーパーマーケットやフラワーショップでは「ヤリガイクン」という名で知られていますが、本来の学術名は「ロマネスコ」と言うそうです。

ヤリガイクン
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


八百屋さんでは「カリブロ」とか「カリッコリー」なんて呼ばれることもあるみたい。

晴れた日には

2009/01/28 Wed [Edit]

スリングにも慣れてきた模様
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM


スリングにも慣れてきた模様。

遊びたいけど我慢我慢
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF70-300mm F4-5.6 IS USM


首からぶら下げているカプセルはワークス経由で頂いたサンプル。ペットであっても個人情報をさらけ出すのは物騒な時代、ということでIT技術を駆使して?考え出されたのがこの「カプセルサーチナビ」という新しいサービス。発見者がカプセルの中に書かれたフリーダイヤルに連絡し記載された登録番号をプッシュすると、個人情報を公開することなく飼い主や持ち主に連絡できるというもの。ペット以外にも、携帯電話、ノートパソコン、カメラ、鍵などの紛失物にも使えるんだそうです。どれだけ有効かはその時になってみないと分からない気もするけど、なにもないよりは・・・って感じでしょうか。まあ、"備えあれば"という一種の保険ですね。歩けないクリフにはあまり意味がありませんが。。。

WONKAで勉強

2009/01/27 Tue [Edit]

7個×3列のWONKAを2個食べたら残りはいくつ?
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF24-105mm F4L IS USM


7個×3列のWONKAを2個食べたら残りはいくつ?

HERO

2009/01/26 Mon [Edit]

このお面を付けたまま学校から帰ってきたそうです。
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM


未来のヒーローはきっと君だ!悪の手先ではなく、正義の味方でお願いします。

スイーツ

2009/01/25 Sun [Edit]

クッキーを砕いて
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM


定番となったチーズケーキ作り。

生地を混ぜて
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM


生地を混ぜて

完成
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


完成


よく分かってる

2009/01/24 Sat [Edit]

じっと待つ
Canon EOS 5D Mark II + Canon EF50mm f/1.4 USM


まる平の食事中、じっとおこぼれを狙うクリフ。

何処でもEye-Fi

2009/01/23 Fri [Edit]

メモリーカードって安くなったなぁ~
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


アドホックで使えないEye-Fiは、ネット接続可能なアクセスポイントがないとダメなんだと勝手に思い込んでいたのですが、AirMac Expressと一緒に使うとネット接続しない状態でも電源さえあればどこでもMacに転送できることが分かりました。これって凄いことだと思う。たとえばCanon純正のWFT-E4なんかを買うと10万円もするけど、Eye-Fi なら1万円でおつりがくる。ただ、書き込み速度の遅さは何とかして欲しい。フルサイズだととても使えたもんじゃない。開発中との噂だけは聞こえてくるCFタイプのEye-Fiだけど、早く市販してくれないかなぁ。canon 1D系ならCFにRAW、Eye-FiにJPEG-Sなんて使い方もできるんだろうけど・・・。

AirMac Express と Eye-Fi って相性いいんだね
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


それにしても1GB程度ののメモリー容量じゃ、もはや使い物にならん時代なのね。16GBが一瞬で吹っ飛んだら怖いなー。やっぱり1D系のメディア2枚仕様が羨まし~い。。。

カメラボディーのUSB端子差し込んだちっこいUSBメモリーに書き出せる仕様になったらいいのに。ファームウェアアップデートでどうにかならんのかなぁ。

壁紙 #010

2009/01/22 Thu [Edit]

wp010_1920x1200

寒々とした冬の空を壁紙にしてみました。

パソコン画面の大きさに合わせてお好きなサイズをクリックし、別ウィンドーで表示された画像をダウンロードしてお使いください。

過去の壁紙はこちら

Resolutions:
1024x768 1280x800 1280x1024 1440x900 1680x1050 1920x1200

気に入っていただけたら拍手いただけると嬉しいです。

ネタバレ

2009/01/21 Wed [Edit]

表紙写真はこうして撮りました
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


「ぽっくぽ~ん」の表紙撮影風景。実はこんなでしたぁ。

こちらは使うことのなかったボツ写真
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


こちらは使うことのなかったボツ写真。


食欲

2009/01/20 Tue [Edit]

ハヤシライス完食
Canon EOS 30D + Canon EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

あれほど食べなかったまる平が、大人サイズのハヤシライスを完食しました。


「ぽっくぽ~ん」 3名様プレゼント!

2009/01/19 Mon [Edit]

ぽっくぽ~ん プレゼント!!

 コンテンツワークスさんのご厚意によりPhotobackの「BUNKO」で作った当サイトのブログ本ぽっくぽ~んを3冊頂きました。何かを記念して、という訳ではないんですが、今回はこの「ぽっくぽ~ん」を2名様に、さらに72ページのPhotoback BUNKOが無料で1冊作れちゃうフリーチケットが付いた「ぽっくぽ~ん」を1名様に、ドドーンとプレゼントしちゃいます!!

 ご希望の方は、このブログの右カラムにある mail からお名前の欄に公開可能なハンドルネームと、件名を「ぽっくぽ~ん希望」としてご応募ください。 mail から送信されますとブログのコメント欄には公開されず送信頂けます。

 締め切りは1月31日(土)までとし、応募多数の場合は、まる平による抽選とさせて頂きます。当選者の方へはこちらからメールにてご連絡しますので、メールアドレスを間違わないようお願いします。

飛んでみるか

2009/01/18 Sun [Edit]

飛んでみる
Canon EOS 30D + Canon EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM


だいぶ下がってきたことだし・・・そろそろ飛んでみるか♪
いや、飛び降りるというべきか。

#9 レンズを知る

2009/01/17 Sat [Edit]

EF 28-70mm USM

 デジイチビギナーから必ずといってよいほど聞かれるのが「どのレンズを買ったらいいの?」という質問。確かに無数にある交換レンズの中から、自分にあった最適な1本を見つけ出すのは難しいことだと思います。店員に勧められるままレンズキット(ボディと本体を組み合わせたセット品)を買われている人も少なくないでしょう。もちろんレンズキットが悪いと言っているわけではありません。そもそも"撮ろうとしている被写体やシーンにそのレンズは適しているか"ということが重要なのであって、レンズに合わせて被写体を選ぶわけではないのです。そこで何回かに分けて、レンズについてのお話しをしてみようと思います。これからデジイチを買われる人、レンズを買い足そうとしている人にとって少しでも参考になれば幸いです。

カタログを読む

レンズカタログ

 レンズカタログを見ると「EF35mm F1.4L USM」、「Ai AF Nikkor 35mm F2D」といった具合にアルファベットと数字が組み合わされた名称で掲載されていると思います。各メーカーによって表示の仕方は違いますがここから読み取るべき基本情報は"焦点距離""絞り解放値"の2点です。

 焦点距離とはレンズに入った光りが像を結ぶまでの距離を言い、単位はmm(ミリ)で表します。アルファベットの小文字の"f"を付けて「f=50mm」などと表示することもあります。焦点距離が短い(数字が小さい)ほど広い範囲を撮影することができ、長い(数字が大きい)ほど拡大して撮影できると覚えておきましょう。

焦点距離比較

 絞り解放値はそのレンズが一定時間にとらえることのできる光の量を示すもので単位をアルファベットの"F"で表します。F1.4、F2.8、F5.6、F11、F22 などがあり、この数字が小さいほど光をたくさん通すことができる明るいレンズとなります。絞りについては、別の機会にもう少し詳しくお話しするつもりですが、ここでは単にレンズの明るさを示す数字と覚えておきましょう。

絞り開放値

EF50mm F1.4 USM
焦点距離が50mmに固定された単焦点レンズで絞り解放値はF1.4です。

EF24-105mm F4L IS USM
焦点距離を24mm~105mmの間で変化させることのできるズームレンズで、絞り開放値はF4です。

AF-S DX NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR
焦点距離が18mm~105mmのズームレンズで、絞り開放値がF3.5~F5.6の間で変化するレンズです。

え?レンズの明るさも変化するの?と思われた方、するどい!
廉価版のズームレンズは、その構造上の理由から絞り開放値が変化する物があります。「18-105mm F3.5-5.6」のレンズの場合、焦点距離が18mm側では絞り開放値がF3.5になり、105mm側ではF5.6と暗くなるという意味になります。

単焦点レンズとズームレンズ

 焦点距離を変えられるレンズをズームレンズと呼び、焦点距離が固定されたレンズを単焦点レンズと呼んでいます。広角域ズームレンズ、標準域ズームレンズ、望遠域ズームレンズ、広角から望遠まで幅広く対応できる高倍率ズームレンズなどがあります。

EF 50mm 1.8 II

手振れ補正

 焦点距離が長くなればなるほど、ほんのわずかな動きや振動で手振れがおきやすくなります。このため手持ちでの撮影は困難で、早いシャッタースピードが選べないシーンでは三脚に固定して撮影することがほとんどでした。しかし最近ではレンズやボディ本体に手振れを補正してくれる機構が内蔵された製品も多く見られるようになり、手持ちでもある程度の手振れを抑えた撮影が可能になりました。CanonやNikonの場合、レンズ内に手振れ補正機構を内蔵しているため、専用レンズ(Canonでは"IS"、Nikonでは"VR"と表示されています)でしか手振れを抑えることはできません。これに対しPENTAXや OLYMPUSのデジイチはボディ本体に手振れ補正機構を内蔵しているため、どのレンズを付けても手振れ補正の恩恵を受けることができます。

CANON IMAGE STABILIZER

レンズの種類と用途

  • 広角レンズ
    広角レンズ(10mm)  焦点距離が35mm以下のレンズを言い、文字通り広い範囲を写すのに適しているレンズです。狭い部屋の中を隅々まで写したい場合や、遠近感を強調したいときなどに使います。ピントの合う距離(範囲)が広く、手前から奥までピントの合った写真を撮りやすいレンズです。

  • 標準レンズ
    標準レンズ(50mm) 35mm フィルムのサイズ24mm×36mmの対角の長さである43.3mmに近い、焦点距離50mmのレンズを指します。数あるレンズの中で焦点距離が決まって いる唯一のレンズです。ボクが子供の時分には、人間の目で見た画に一番近いと言われていましたが、どうやらこの情報は間違いのようで、ズームレンズがな かった時代にメーカーが標準で付属していたレンズというのが正しいようです。

  • 望遠レンズ
    望遠レンズ(300mm)  焦点距離が85mm以上のレンズを指し、遠くのものをあたかも近くにあるかのように拡大し写すことができるレンズです。ポートレイト撮影などに重宝され る近接望遠から、スポーツシーンや野鳥撮影等に使われる超望遠レンズなどがあり、焦点距離が長くなるほどピントの合う距離が狭くなります。また近い物には ピントが合わせにくくなるという特徴を持ちます。

  • マクロレンズ
    マクロレンズ(60mm)  被写体を至近距離から撮影することができるレンズ。花や昆虫など、小さな物を大きく写したいときに使います。ピンとの合う範囲が狭く、近接撮影ではよりしびやなピント合わせが要求されるため、手動でのピント合わせを多用することもあります。




デジカメ術 過去のエントリー

連日寒波

2009/01/16 Fri [Edit]


Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


朝の通勤電車で車中にもかかわらず息が白かったのには驚いた。


寒いわけで

2009/01/15 Thu [Edit]


Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


朝から零下

牛スペシャル!

2009/01/14 Wed [Edit]

霜降りスペシャルサンド
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM

残ったお肉を使ってヨメがスペシャルサンドを作ってくれました。

丑年なだけに

2009/01/13 Tue [Edit]

霜降りまくりのすき焼き肉
Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM


ヨメの実家から、たいそう美味しそうなすき焼き肉をいただきました。

丁重に一枚ずつ
Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM


薄~くスライスされた霜降りまくりのそのお肉は、なんと一枚ずつ丁重に包まれているのです。美しい。美しすぎる。肉屋さんいい仕事してるね~。


思い出の引っ越し

2009/01/12 Mon [Edit]

気が遠くなる量・・・
Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM

巷ではブルーレイディスクなんて騒がれているのに、今時テープはねーだろ。てなわけで、まる平が0歳児の時から撮り溜めていたビデオテープを再生できるうちにとiMovie経由で外付けHDに移すことにした。で、ビデオテープからiMovieに読み込ませるのって普通に再生する時間が必要なのね。ってことを初めて知ってビックリ!つまり、うん十倍速でシャーっとコピーなんてことはできないのです。一気にやる気が失せたオレですが、やると決めたらやる!しかたなく大量の60分テープを、ちまちまHDに移したのでした。結局2日がかりでコピーできたのは10本。しかも150GBの外付けHDは一杯になってしまいました。気づいてはいたものの、やっぱ大容量のHDに買い換えなきゃダメか・・・。思い出を残すのもお金がかかるのね。

しかたない、アマゾンでも見に行くか。

赤ちゃんの頃の自分を見てにやけるまる平
Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM

赤ちゃんの頃の自分を見てにやけるまる平

モニター見た方が早い気が。(^_^;
Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM

Macのモニター見た方が早い気が。(^_^;





勘違い

2009/01/11 Sun [Edit]

ボーリング場ではありません
Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


まる平語録:

ワイルドワン行ってみようか。」

「やったー!ボーリング!ボーリング!!










それって・・・


下界

2009/01/10 Sat [Edit]


Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM


なんか偉くなった気分。

TODAY'S PICK

おっと、、、TODAY'S PICK 頂いていました。(^_^;

都会に暮らす

2009/01/09 Fri [Edit]

新宿タイムズスクエアからの眺め
Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


新宿タイムズスクエアからの眺め
Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


息苦しい・・・

背比べ

2009/01/08 Thu [Edit]

背比べ
Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


3歳年上の従兄弟と。

こっそり背伸びのまる平。

姑息な

絡まる文字

2009/01/07 Wed [Edit]


夕暮れ時

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


まる平語録:

久しぶりにまる平と二人お風呂で。

「ねー!パパの足に"大"って漢字が書いてあるよ!」

「ど、何処にーーー!!?」










毛が絡まってそう見えたのである。











「あ!カタカナの"ノ"もいっぱいあるよ。」


「お願いだから もう探さないで・・・。」


お約束

2009/01/06 Tue [Edit]


はしる

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


走る


ころぶ

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


転ぶ







おねえさんビックリ!



もう少しお上品に

2009/01/05 Mon [Edit]


ありえねー

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


皿に付けても食べられないのだ。


なんじゃその顔は・・・

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


なんじゃその顔は・・・

Lightbox2を導入してみた

2009/01/04 Sun [Edit]


HUMMER H3

Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM


FujeyさんのHUMMERに乗せてもらう機会があったので、撮らせてもらった写真を使ってLightbox2を試してみた。画像をクリックしてみてください。

当ブログは、左カラム・メイン・右カラム、の3カラム形式にしているのだが、このレイアウトにすることで中央のカラム幅が狭くなるため、画像のセレクトも縦位置が多くなってしまう。サムネイルを使えば画像クリックで別ウィンドウが開きオリジナルサイズを見せることはできるが、フォトギャラリー的GUIから言えば気持ちよくはない。ということで、Lightboxを導入してみることにした。画像リンクの設定が面倒になったりと、設定に手間がかかる部分があるのでまだ試験運用だが、見せ方としてはこっちの方が格好いい。今のところ上の写真のような縦構図の画像はオリジナルサイズを変えていないので拡大表示させる意味がないが、あくまでテストということでご覧頂きたい。


HUMMER H3

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


上の画像はオリジナルの縦横サイズを、縦構図と同じにしてみた。これなら横構図の見せ方も納得がいく。ポップアップしたウィンドウの外をクリックすればウィンドウが閉じてくれるので便利。また、LightboxはAjaxを利用しているので、現時点でFlashに対応していない iPhone・iPodTouchでも動作する。


HUMMER H3

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM



HUMMER H3

Canon EOS 30D + Canon EF24-105mm F4L IS USM


画像のリンクタグを自動生成してくれるスクリプトをファイルメーカーで作ってみたものの、コピペするのも面倒なので、横構図の画像のときだけLightboxを使おうか検討中。

まる平と一緒に撮った写真は、いかにもやらせ風でボツでしたよ。<Fujeyさん


Logitech V470 Bluetooth Mouse

2009/01/03 Sat [Edit]

Liogitech V470
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


12月20日のエントリーでもお伝えしたとおり、愛用のApple wireless Mighty Mouse(以下AWMM)を破壊してしまったため新しいマウスを物色しておりました。レーザーじゃなきゃやだ!ブルートゥースじゃなきゃだめ!白いのじゃないと い・や・だぁ!! と要求が高かく、なかなかこれだ!というのが見つけられずにいたのですが、おかゆ MacBookのJackさんが紹介していた、V470 Cordless Laser Mouse for Notebooks(以下V470)がよさげ。と、使い心地をお聞きしたところやはり自分の要求に一番近そうだ。ということで年末ぎりぎりになってV470を入手しました。

このマウス、英語版ということもあって日本ではなかなか手に入らないのですが、ずーと品切れ状態だったアマゾンにようやく入荷したところを、すかざずポチっとな。 さすがアマゾン!30日に注文して大晦日には届いたのでした。さて、とりあえず心配していた部分をチェックです。

使用環境:
MacBook Pro 17-inch: 2.5GHz Intel Core 2 Duo
Mac OS X 10.5.6



大きさ:
ボクの手は大きいのでちょっと小降りに感じますが、許容範囲。

重さ:
AWMMに比べ電池2本込みでも20gほど軽いのでまったく問題なし。(但しAWMMは電池1本でも動作するので、その場合はAWMMのほうが軽くなります)

電池の持ち:
使い始めで分かりませんが、eneloop 突っ込めば問題なし。

Liogitech V470
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM


ホイールの感触:
回転時に適度なクリック感があり、ボク好み。

ホイールの動作:
ファイルメーカーPro9.0v3でゆっくりと回転させたときだけ、スクロールしたりしなかったり、と引っかかる感じでスムーズにスクロールしてくれない。他のソフトではそんなことはないので、単なる相性だと思うが、毎日ファイルメーカーを使っているボク的にはちょっと痛い。

電波の飛距離:
さすがブルートゥース、5m離れても問題なし。

ポインタの飛び:
Jackさんの報告にもあったように、3秒ほどポインタを停止させた状態から動かすと、ポインタが一瞬消えて動かした位置に再び現れるという現象を確認した。消費電力を押さえるため、一時的に電波を遮断しているのかもしれない。でも、慣れてしまえば飛びまくってイライラするということはなく、普通に使えている感じ。但し、細かい作業(レタッチによるゴミ消しなど)には向かないと思う。

スリープ後の復帰:
マウスの電源を入れたまま、再マウントされるまでの時間を計測したところ、AWMMが約8秒復帰(破損前に計測済み)、V470は約30秒とかなり遅れる。このタイムロスがV470の最大の欠点か。

ホイールボタンによるSpacesの割り当て:
デバイスの環境設定からExpose, Dashboard, Spaces の設定が行える。



とりあえず満足、でもトラッキング精度やレスポンスの良さはAWMMのほうが上。というのがボクの感想。

ゴミ問題が多く聞かれるAWMM、そろそろ新型が発表されてもいいんじゃね?って気がするのですが、どうなんでしょう。。。
スクロールボールがマルチタッチになって、センサーがブルーLEDになったらいいのに。加速度センサーを応用したタブレットなしのペン形ポインティングデバイスなんてのも面白いかも。

Liogitech V470
Canom EOS 30D + Canon EF-S60mm f/2.8 Macro USM

それにしてもどんだけ白好きなんだか。(お正月っぽく赤バックで)

お正月といえば

2009/01/02 Fri [Edit]

お雑煮
Canon EOS 30D + Canon EF50mm f/1.4 USM


恒例のお雑煮写真 2009

2007 ←

2008 ←

変わらね~!


Top
marupei.net photography
Next
次のページ

Profile

まる彦

Author:まる彦
一人息子と幸せに満ちあふれた家族の記録(のつもり)

Canon EOS 5D Mark II
Canon EOS 30D
MacBook Pro 13" Mid2009
MacBook Pro 17" Late2008
iPhone3GS
iPad

Blog : marupei.net technology

fotologue : Rosetta
mail : maruhiko(at)gmail.com

Category

Copyright

当サイトに掲載されている画像は Creative Commons License の下でライセンスされており、無断使用は固くお断りしています。 画像の使用をご希望の場合は下のメールアドレス宛にお問い合わせください。

The total or partial reproduction of text, photographs and illustrations is not permitted in any form. Copyright © marupei.net Some Rights Reserved.

maruhiko(at)gmail.com

Creative Commons License

Translation

Calendar

プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2009年01月 | 02月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


Entry

Recent Comments

Link

Amazon

Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

Blog Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。